石見和牛とは

ふわっととろける極上の黒毛和牛肉「石見和牛肉」

希少な石見和牛肉

サーロイン

口の中でとろける上質な石見和牛が育つのは、牛の繁殖地、育成地として名高い島根県邑南町。

最高の血統の和牛の中でも肉質がやわらかい「未経産の雌牛」だけを限定肥育した希少な和牛が「石見和牛」です。

数が少なく市場に出回る量がわずかながら、食通、高級レストランや高級スーパーのバイヤーをからも支持をいただいている逸品です。

平野レミ様よりコメントをいただきました !

平野レミさん

平野レミさんお墨付きの石見和牛肉!

A級グルメのまちとして、全国的にも有名な島根県邑南町のブランド和牛『石見和牛肉』は、年間約200頭しか出荷しない希少牛!
美しい自然ときれいな水、発酵系を含む優良な飼料など、安心・安全な環境で、一頭ずつ大事に育てられているからこそ、「オートクチュール」といわれるほどの品質なんですね。ふわっととろける極上の肉質と豊かな香とコク。
私も、石見和牛肉の美味しさに魅かれてます!

A級グルメのまち邑南町自慢のブランド和牛

200頭の限定生産

邑南町では、最高品質のブランド和牛を提供するために「量より質」を追求しています。「良質な血統の黒毛和牛」かつ「未経産の雌牛」のみを厳選して、少頭数、入念肥育で育てています。
そのため、年間200頭という極めて少ない出荷しかできませんが、牛肉界のプロから「石見和牛肉は日本牛肉界のオートクチュール」と評されています。

A4~A5ランクのみを厳選

厳選して育てた石見和牛の中から、最高ランクの品質の和牛肉をお届けいたします。
A~Cは等級で歩留まりの良しあしを意味し、「A」が良い評価です。5~1は、肉質等級です。霜降り、色・光沢、締まり及びきめ、脂肪の色沢と質で評価し、「5」が最高ランクです。つまり、A4~A5ランクは、歩留まりと肉質等級が優れていることを意味しています。

邑南町の「石見和牛肉」がおいしい理由

牛とともに生きる町

昭和初期の車が広がるまで国内の運搬、力仕事といえば牛の出番でした。邑南町はいにしえから近年まで「たたら製鉄」が盛んだったため牛の繁殖、育成が発達していました。最近までどの家にも牛がいることが当たり前だったほどです。この歴史と技術により今も全国に知れ渡る種雄牛を輩出しています。また、島根で生まれ育ったメス牛の多くは、前沢牛や松坂牛などの有名な和牛産地へ売られているほどです。

自然の中で育む

邑南町は、たたら製鉄が盛んなころ、山を切り崩して形成された盆地にあります。中国山地の高原地帯にあり、豪雪地帯で寒暖差がはげしく、水にも恵まれ美味しい農作物が育ちます。そんな雄大な自然環境の中でのびのびと牛を肥育しています。

肥育へのこだわり

霜降りが特徴の黒毛和牛ですが、長期間肥育することと、栄養のある餌が重要です。石見和牛は20~24ヶ月間じっくりと育てあげ、発酵系を含む優良な資料と井戸水で健康的に育っています。だからこそ、脂肪の融点が低く、口の中でとろける肉質に仕上がります。牛は少頭数肥育で育てられ、ストレスを軽減しています。一頭の牛が2つ部屋をもち、いつもきれいな環境で過ごしています。餌やりも機械ではなく一頭一頭に与えながら日々の健康状態をチェックする入念肥育で育てています。

「お取り寄せ」としても大人気!
日本最大級のお取り寄せ情報サイト「おとりよせネット」で開催される食のプロと一般会員の方が選ぶ「みんなで選ぶベストお取り寄せ大賞」において全国から集まるお取り寄せの逸品の中から、3度の部門賞をいただきました♪